it goes.it lives.
mitaimon:

deli-hell-me:

otsune:

lupin:

handa:

pfmusique:

suyhnc:

sui:

gotoooo:

loco2kit:

vvvxxx:

sander786:

maido3:

johnnychallenge:

mdr7506:

nekotiglr:

eveneko:

yukko:

urone:

(via mihoko)
dig-image:

Tokyo 1971

dig-image:

Tokyo 1971

tomohiro9r:

odakin:

dig-image:

Tokyo 1971

俺の生まれる1年前。あーこういうかんじ。まだまだ貧しい国だった。

秋葉原か。

tomohiro9r:

odakin:

dig-image:

Tokyo 1971

俺の生まれる1年前。あーこういうかんじ。まだまだ貧しい国だった。

秋葉原か。

何事も常に「この現象は自分にとって良いことだ」と解釈することが生きるうえでの王道。
高校の時に好きだった日本史の先生が「歴史は人類が争いを繰り返しながら、いかに人類自身の幸福と平和を願ってきたかを学ぶ学問である。くれぐれも“今よりも昔が良かった”という戯言に騙されてはいけない。君たちはあらゆる時代よりも幸福な時間を生きている」って言ってたから今だにそう信じてる。
bochinohito:

mr-moai:

oki-a-34:

triflebit:

plasticdreams:

kagurazakaundergroundresistance:

kagurazakaundergroundresistance:

perfume-mania:

gkojax:

tsupo:

uncate:

yellowblog:

owaraitv:

do-nothing:

zengame:

daccot:

ありがたいお言葉

生きてるだけで丸儲け的

鯨@kujira874
フォローする
日本人ならやっちゃうんだろうなぁって思ったけど、マジで3000メートル近い稜線でヘリ飛ばしてホバリングしましたね。賛否はあると思うし、海外からはクレイジーって謗られそうだが、日本人の心情としては感謝しかないわなぁ。
2014.09.29 17:21


高度3000メートルでのホバリングはホントに危ない
ヘリの最大の特徴は空中で停止ホバリングできることだが、一点に機体を静止したままにしておくためには、高度な操縦技術が必要

ヘリコプターにはそのヘリコプターで最大到達高度に至る『最大運用高度』と『ホバリング限界高度』がある

ローターで空気をかき回して飛んでいくヘリコプターでは、空気の密度がものすごく重要で、薄ければ落ちやすくなる

突風の恐怖と、迫りくる山肌の中でヘリを降下させ、そこでホバリングさせることは、どんなベテランパイロットでも、危険が伴う

pedalfar:

500px / Untitled by liliya filakhtova
膀胱の”胱”ってムーンライトな漢字してるくせに膀胱以外に使う言葉が無いのか…?
Twitter / batuACT3 (via hutaba)

tuvasa:

齋藤飛鳥

theopticfiles:

Crack